スキンケア

ヒト幹細胞が入った土台美容液、クロノセルとシマボシはどっちがいい?比較してみた結果

クロノセルとシマボシの比較

ヒト幹細胞培養エキスが入った美容導入液を知っていますか?

若返りができることで人気も高いですが、他の似た美容液も多くあり、結局どれがいいの?と悩んでしまいます。

ヒト幹細胞が入ったスキンケアは普通のスキンケアの値段と比べて高いのも事実。

せっかく高い美容液を購入するからには失敗したくないですよね。

そこで、今人気の『クロノセル』と『シマボシ レストレーション』ではどちらの土台美容液がいいのか、比較して調べてみました!

クロノセルとシマボシの成分・効果の違いは?

クロノセルとシマボシの成分の違いは?

クロノセルの成分

水、グリセリン、エタノール、BG、ヒト線維芽細胞順化培養液ヒト脂肪細胞順化培養液エキスヒト骨髄幹細胞順化培養液、ヒトオリゴペプチドー1、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチドー31、ヒトオリゴペプチドー13、合成ヒト遺伝子組換ポリペプチドー81、ハイドロキノン、エンテロコッカスフェカリス、グリチルリチン酸2K、アスコルビルリン酸Na、スイゼンジノリ多糖体、ヒアルロン酸Na、カミツレ花エキス、キュウリ果実エキス、アロエベラ葉エキス、オタネニンジン根エキス、クズ根エキス、クロレラエキス、トレハロース、サリチロイルオクタペプチド-9、アゼラオイルトリペプチドー1、アラントイン、ピリドキシンHCl、スクロース、PPG-デシルテトラデセスー30、テトラヒドロピペリン、1,2ーヘキサンジオール、ポリソルベート80、水添レシン、EDTAー2Na、フェノキシエタノール、キサンタンガム、カラギーナン、キトサンラウラミドヒドロキシプロピルスルホン酸Na

クロノセルの特徴はヒト幹細胞エキスが3種類入っていることです。

しかもクロノセルの成分、幹細胞培養エキスには、コラーゲンやヒアルロン酸などの、美容成分だけでなく、ターンオーバーを活性化するEGFが含んでいるんですが、このEGFはとてもすごくて、EGFを発見した博士はノーベル賞を受賞した程すごい成分なんです。

他にも美活菌と言われる、表皮ブドウ球菌を高配合していて、肌のバランスや皮膚をバリアしてくれるとのにとても優れています。

肌荒れ防止や肌環境を整え美肌へと導いてくれるすごい役割をしてくれるんです。

クロノセルは究極のエイジングケアを言われる理由がわかりますね。

7つの無添加処方

クロノセルの7つの無添加

クロノセルは安心の7つの無添加処方になっています。

旧指定成分とは、102種類存在し、使う人によってはごく稀にアレルギー等の皮膚トラブルを起こす可能性があります。

かつて化粧品に表示が義務付けられていた成分なんです。

旧指定成分が全く配合されていないので、アレルギーや肌トラブルが心配な方でも安心して使用することができます。

シマボシレストレーションセラム

水、プロパンジオール、ペンチレングリコール、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、オリゴペプチド-24、オリゴペプチド-34、オリゴペプチド-41、アセチルヘキサペプチド-8、ヘキサペプチド-33、デカペプチド-4、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na、加水分解コラーゲン、カルボキシメチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAP、アデノシン環状リン酸、ヒメフウロエキス、ビルベリー葉エキス、セイヨウオオバコ種子エキス、オウゴン根エキス、水添レシチン、フィトステロールズ、オリーブ果実油、(クエン酸/乳酸/リノール酸/オレイン酸)グリセリル、1,2-ヘキサンジオール、BG、トロポロン、ポリソルベート60、カプリリルグリコール、キサンタンガム

シマボシの特徴はヒト幹細胞をリボソーム化し、幹細胞を従来よりの小さくすることで肌への浸透率を高めてくれるのが特徴です。

クロノセルのシマボシもヒト幹細胞培養液を配合していますが、このヒト幹細胞には年齢肌に働きかけ、乾燥、シミ、シワ、ハリ、たるみに効果を発揮してくれると言えます。

8つの無添加処方

シマボシの8つの無添加

シマボシも安心の8つの無添加を実証しています。

こちらも心配な成分は配合していないので、安心して使用することができますね。

成分の比較まとめ

成分で比較してみると、クロノセルの方がヒト幹細胞が3種類と多く入っていることが分かりました。

その中でもノーベル賞を受賞している成分や、医学誌にも掲載される程すごいことには驚きました。

シマボシは、浸透率を上げてくれるようにカプセル処方になっているようです。

どちらもエイジングケアにも効果があり、肌の角質よ柔らかくし、肌への浸透を助けてくれる事には変わりありません。

シマボシは人気で良い商品なのですが、シリーズ化していてスキンケアから、化粧品まで多く数があるので揃えるのも大変かなと感じました。

クロノセルとシマボシは副作用はある?

副作用はある?

どちらも副作用の心配はなし

気になるヒト幹細胞の副作用ですが、化粧品に使用される培養液は医薬品で使用されるのとは違います。

ヒト幹細胞は病院で使用されたりしますが、ヒト幹細胞を人の肌に直接塗るには医師の許可が必要になります。

クロノセルもシマボシもヒト幹細胞の培養エキスなので、副作用の心配は少ないと言えます。

その他の成分を見ても2つとも副作用やアレルギーがでるような成分は入っていません。

しかし、自分が気づかないうちに肌に合わない成分や体調の変化によって肌が敏感になっている場合もあります。

赤みがでたり肌に異常を感じたらすぐに使用をやめ、水で洗い流すなど対処してください。

気になる時は医師に相談することをおすすめします。

クロノセルとシマボシは値段が安いのは?

値段が安いのは?

クロノセルの公式サイト

クロノセル公式サイト

最安値なら公式サイトが一番安いです。

初回2,980円で購入することができます。

2回目以降は9,800円と少し高いように感じますが、3種類のヒト幹細胞がたっぷり入っているのでこの金額でも納得がいきます。

シマボシレストレーションの公式サイト

シマボシ公式サイトの値段

シマボシの初回も2,980円と安くなっています。

2回目以降はクロノセルよりも安い6,860円と少し休めになっています。

クロノセルとシマボシを比較した結果

クロノセル シマボシレストレーション
クロノセル比較 シマボシの比較
有効成分 ・3種類のヒト幹細胞
・美活菌
・ヒト幹細胞
・ヒアルロン酸
効果 ・ハリ
・シミ
・シワ
・美白
・保湿
・肌再生
・ハリ
・シミ
・シワ
・美白
・保湿
・肌再生
値段 2,980円 2,980円

クロノセルのシマボシを比較してみた結果、効果に期待ができそうなのはクロノセルの方か若干勝っていると思います。

確実に効果を実感し、年齢肌やエイジングケア対策や浸透が悪くなった肌にうるおいを与えるならクロノセルがおすすめ。

予防として使って安く続けるならシマボシがおすすめだと思います。

少しでも土台美容液を使って肌の若返りを目指していきましょう。

クロノセルが気になった方は、実際に私がクロノセルを購入し3ヵ月使用した効果が分かるコチラの記事も参考に読んでみてください。

クロノセル口コミから見る効果とは?
クロノセルって怪しい・・口コミから見た評判は?若返りの効果は嘘?医学誌にも掲載された土台美容液の実態を徹底調査!クロノセルは怪しい成分が入っているって本当?若返りの効果は嘘なのか、口コミからみた評判と効果を調べました!医療にも使われている人幹細胞とは?【レビュー体験有り】...

最後まで読んでいただきありがとうございました。